品質管理

徳田工業 品質方針

安全を第一に製品製作のQCDを極限まで追及し、顧客の満足と信頼を得るとともに21世紀の企業競争に勝利する。 jablogo

平成18年、JIS Q 9100:2004、JIS Q 9001:2000(ISO9001:2000)の認証を取得し、顧客満足・品質向上及び改善を推進して参りました。

平成22年7月30日付にて、JIS Q 9001:2008(ISO9001:2008)の認定を受けました。

平成24年8月25日付にて、JIS Q 9100:2009の認定を受けました。

世界のお客様とお付き合いする以上、世界標準の品質管理は当然と考えています。

検査Inspection

工程内検査、完成検査は顧客の認定を受けた専属の検査員が行います。また、マイクロメータ、ノギス等のほか三次元測定機やレーザートラッカーなどの長大物計測用の精密測定器を使用し、ミクロン単位で保証できる人材、設備、検査技術を有しています。

管理Control

お客様にご満足いただける製品を安定してお届けできるよう、国際規格に基づく「品質マネジメントシステム」を導入し、品質マニュアルに基づく工程管理、製品管理を実施して、更なる進化を求めて管理の継続的改善を行っています。

JIS認証事業所

本社、本社工場、可児工場、可児第二工場

ページの先頭へ




ENGLISH